KILLSWITCH ENGAGEのメンバーのタトゥーを紹介 | TATTOO GIG | メタルミュージック

KILLSWITCH ENGAGE(キルスウィッチ・エンゲイジ)

Mike D'Antonio(マイク・ダントニオ)

KILLSWITCH ENGAGEのメンバー
Killswitch Engageは1999年にマサチューセッツ州で結成されたメタルコアバンドです。

元々Overcast(オーバーキャスト)と言うバンドとAftershock(アフターショック)というバンドがありましたが、1998年にOvercastが解散した後、ベースのマイク・ダントニオ(Mike D'Antonio)が、Aftershockのギターのアダム・デュトキエヴィッチ(Adam Dutkiewicz)と同じくギターのジョエル・ストローゼル(Joel Stroetzel)を誘い、Nothing Stays Goldと言うバンドのボーカルだったジェシー・デイヴィッド・リーチ(Jesse Leach)を誘って新しくキルスウィッチ・エンゲイジ(Killswitch Engage)が結成されました。

バンドの名前はアメリカの有名なテレビドラマ「The X-Files」のタイトルにあった「Kill Switch」から来ている造語だそうです。
数度のメンバーの脱退、加入がありますが、基本的には5人編成のバンドです。

ハードコアな旋律と、とてもメロディアスな美しい旋律が合いまった曲が特徴的です。

日本にも幾度か来日公演を行っていて、2003年には有名なへヴィメタルの祭典「Ozzfest」にも参加して、パワープレーを見せてくれていました。

2004年には映画「バイオハザードⅡアポカリプス」のサウンドトラックに収録されてグラミー賞にノミネートされた事で一躍有名になりました。

そんなキルスウィッチ・エンゲイジの始まりからのメンバーである、ベースのマイク・ダントニオのタトゥーを紹介します。

KILLSWITCH ENGAGEのマイク・ダントニオのタトゥー1
沢山のタトゥーが入っていて、右腕なんかは七分袖位のスリーブでジャパニーズタトゥースタイルでカラーの唐獅子が入っています。

ヒンドゥー教のクリシュナ神も腕に彫っている途中だとインタビューで答えていたりするので、スタイルも様々なタトゥーが入っていそうですが、一つ一つについて語ってはいないので、画像とマイクのタトゥーに対する考えを紹介します。

タトゥーがクールなのは、いくつかタトゥーを入れるとそんなに深い意味がなくなるところさ。
仲間一緒に入れたなら、自分たちの間だけに重要なものになるし。
タトゥーがだめなところって言うのは、自分はいつでも彫ってくれる彫師の友人が周りに沢山いるので、すぐに体が埋まってしまうってところかな。 KILLSWITCH ENGAGEのマイク・ダントニオのタトゥー2
痛いし、かさぶたが剥がれてくるのも嫌だし、本当はタトゥーを入れるのは嫌なんだけど、結局治った後のタトゥーは素晴らしくて、やめられないんだ。
自分たちのツアーには「Good Times Tattoo」のVic Backと言う彫師が同行してくれていて、クルー達にもタトゥーを彫ってくれているんだ。
初めの頃に入れたタトゥーは、クオリティがひどいから結構カバーアップしているんだ。
自分にとってのファーストタトゥーっているのは、「タトゥーを入れられる位に大人だ」、「タトゥーが必要なんだ」って気持ちだった。

関連記事