RAMONESのメンバーのタトゥーを紹介 | TATTOO GIG | パンクミュージック

RAMONES(ラモーンズ)

Dee Dee Ramone(ディー・ディー・ラモーン)

RAMONES Dee Dee Ramone 上半身のタトゥー1 RAMONES Dee Dee Ramone 上半身のタトゥー2 RAMONESのロゴとメンバー
革ジャンにジーンズと言うスタイルがトレードマークであり、ビートルズのポールマッカートニーがアマチュア時代に『ポール・ラモーン』と名乗った事にちなんでメンバー全員が○○・ラモーンと名乗っています。

『ramone』は英語のスラングでセックスを意味するそうです。

ボーカルのジョーイ・ラモーンの家がお金持ちで、家の地下室では仲間が集まりシンナーを吸ったり好き放題自由に使っていました。
1974年、その地下室でRAMONES(ラモーンズ)は結成されました。

その後何度かのメンバーの脱退などがありましたが、2002年にはロックに多大な影響や功績を残したミュージシャンなどに与えられる『ロックの殿堂入り』を果たしています。

『Gabba Gabba Hey』と言う言葉をラモーンズの言葉として耳にしますが、これは「あなた方を仲間に受け入れる」と言う意味になるそうです。

そんなラモーンズのオリジナルメンバーである、Dee Dee Ramone(ディー・ディー・ラモーン)のタトゥーを紹介します。

ベース担当のディー・ディーですが、1988年にDee Dee Kingとしてヒップホップミュージックを追求する為、ラモーンズを脱退しています。
ヒップホップは短期間ですぐにパンクミュージックへと戻り、ソロ活動を続けラモーンズにも曲を提供していました。

十代の頃からヘロインなどのドラッグ中毒で苦しみ、2002年にヘロインのオーバードーズで亡くなっています。

ディー・ディーのタトゥーは若い頃の画像では右上腕にハートとリボンの様なワンポイントのデザインが見えます。

その後はどんどんとタトゥーを増やし、同じく右上腕にサイコロとスカルやピストル、肘から下には縦に4つ並んだスカルなどが見られます。

他にも胸に牙のあるマスク様なデザインのタトゥーやキリスト、などなどかなり沢山ある様です。

皆さんはラモーンズのTシャツを着ている人を街中で見かけた事はないだろうか?
国内、国外を問わずミュージシャンなどもラモーンズのTシャツを着ていたりします。
RAMONESのTシャツを着るロゴONE OK ROCK(ワンオクロック)のRyota
これはONE OK ROCK(ワンオクロック)のRyotaがラモーンズTシャツを着ている画像です。