Rancid(ランシド)のメンバーのタトゥーを紹介 | TATTOO GIG | パンクミュージック

Rancid(ランシド)

ティム・アームストロング(Tim Armstrong)

Rancid(ランシド)
Rancid(ランシド)は1991年にカリフォルニア州のバークレーでボーカルのTim Armstrong(ティム・アームストロング)とMatt Freeman(マット・フリーマン)を中心に結成されたバンドです。

バークレー大学のあるバークレーより北西にある海沿いの街オールバニー(Albany)で育った同級生のティム・アームストロングとマット・フリーマンはランシドを結成する前に、「Basic Rradio(ベーシック・ラジオ)」と言うスカバンドで共にプレーしていて、その後は二人一緒にスカパンクをメジャーなジャンルへと確立させたバンドの一つ「Operation Ivy(オペレーション・アイビー)」に加入していました。

結成2年でOperation Ivyが解散し、ティムとマットはスカパンクバンドやハードコアパンクバンドなどをいくつか結成や解散を繰り返します。
その間にティムは酒に溺れ、見かねたマットがティムのルームメイトだった「Brett Reed(ブレット・リード)」をドラムに誘い、Rancid(ランシド)が結成されました。

1992年にOperation Ivy時代のレコードレーベル「Lookout! Records(ルックアウト・レコード)」からファーストレコードをリリースしますが、その後エピタフレコードに移籍し、1993年にデビューアルバムをリリースします。

二人目のギターリストとしてGreen Day(グリーン・デイ)のBillie Joe Armstrong(ビリー・ジョー・アームストロング)を誘いますが、断られ、Lars Frederiksen(ラーズ・フレデリクセン)が加入します。

バンドの評価はどんどん高まり、その後に発表されたアルバムなどは各国でゴールドディスクを獲得します。

それぞれがソロとして活動を続けながらも、現在までバンド活動は続いています。

Rancid(ランシド)のティム・アームストロングのタトゥー1
そんなRancid(ランシド)のボーカル「Tim Armstrong(ティム・アームストロング)」はパンクロッカーらしくいタトゥーが入っています。

まず有名なのが、頭のクモの巣のタトゥーです。
頭のてっぺんを中心にしてクモの巣がデザインされており、その中に薔薇や目やスカルなどが描かれています。
肘にもクモの巣のタトゥーがあります。
肘のクモの巣のタトゥーはパンクスの象徴とも言われていて、ラーズやブランテンも肘にクモの巣のタトゥーがあります。
タトゥーは年数を経ると色があせると言われていますが、このクモの巣のタトゥーもリタッチしたのではないかと言われています。>/
首の左側にはシンプルなクモのタトゥーもあります。

左の拳には「PUNX」の文字のタトゥーもあります。
ラーズは右手の拳に入っています。

Rancid(ランシド)のティム・アームストロングのタトゥー3
左腕の前腕にはスカルのタトゥーとHellcatのロゴのタトゥーもあります。
その下の手首にはいくつかのスカル並んでデザインされています。
以前に「education」と言う文字のタトゥーを右腕の前腕の内側に入れていたのですが、薔薇のタトゥーでカバーアップしたようです。

その外側には「Left Alone」の文字のタトゥーがあります。
日本語だと「放っておいて」や「一人きりになった」と言った感じの意味でしょうか。
このAloneのAはアナーキーのシンボルマークの様になっています。

おなかには「U.S. Thugs」と言う文字のタトゥーがあります。
これはティムのクルーの名前です。ラーズにも同じタトゥーがあるそうです。

Rancid(ランシド)のティム・アームストロングのタトゥー2
右の上腕には以前の奥さんの名前「Brody」と言う文字のタトゥーを入れていましたが、2003年の離婚後でしょうかカバーアップしたスカルのタトゥーがあります。

関連記事