SIMPLE PLANのメンバーのタトゥーを紹介 | TATTOO GIG | パンクミュージック

SIMPLE PLAN(シンプル・プラン)

ピエール・ブーヴィエ(Pierre Bouvier)

SIMPLE PLANのPierre Bouvierの左腕のタトゥー1 SIMPLE PLANのPierre Bouvierの左腕のタトゥー2
カナダ出身のパンクバンド『SIMPLE PLAN(シンプル・プラン)は、メジャーデビューアルバムは200万枚以上、セカンドアルバムでは300万枚以上と言う驚異的なセールスをたたき出し、アメリカではプラチナディスクに認定されています。

2011年にリリースされ、世界的にヒットした『SUMMER PARADISE』の新バージョンではONE OK ROCKのボーカルTakaが参加して、リリースされています。

3月のNOFXやPENNYWISEなど豪華メンツによるイベントPUNKSPRINGにも参加し、その日のライブではONE OK ROCKのTakaやウィーザーのリヴァース・クオモがサプライズで飛び込み出演し、大盛況を収めていました。

そんなシンプルプランのボーカル『ピエール・ブーヴィエ(Pierre Bouvier)』のタトゥーです。 SIMPLE PLANのPierre Bouvierの右わき腹と右足首のタトゥー3

ピエールのファーストタトゥーは、2004年~2005年頃に彫られたと言われています。
後ろからよく見える位置、右足首に入れられたシンプル・プランのロゴである、星のマークの中にSPと文字が入っています。

その後、2007年に左腕のスリーブタトゥーを彫り始めます。
これはアメリカのサンディエゴにあるGURU TATTOOと言うタトゥースタジオのアーティスト『AARON DELLA VEDOVA』さんが彫ったそうです。
このAARONさん、かなりの人気のようで、現在新規のお客さんは14ヶ月待ち(!)だそうです。
親日家とも言われるピエールに合う、黄色の鯉と仏陀、その間を埋める様に赤い蓮の花や桜の花がデザインされています。
背景も付ける事によって、全体的に統一されています。

そして、右わき腹には白鳥か鶴の様なデザインが彫られています。

SIMPLE PLANのPierre Bouvierの右足のタトゥー4
2011年には右足一本をこれまた、AARONさんによって彫り始めました。
まだどんなデザインかよく分かりませんが、蛸をモチーフにしているそうです。
海外の人は蛸のモチーフが好きな人が多いですね。

関連記事