Buckcherryのメンバーのタトゥーを紹介 | TATTOO GIG | ロックミュージック

Buckcherry(バックチェリー)

Josh Todd(ジョシュア・トッド)

Buckcherryのメンバー

Buckcherry(バックチェリー)は、1995年にアメリカのロサンゼルスでボーカルのジョシュア・トッド(Josh Todd)とギターのキース・ネルソン(Keith Nelson)が、共通の知り合いであるKevin Quinn(ケビン・クウィン)と言うタトゥーアーティストと通じて 知り合い、当初は『SPARROW』と言う名前でバンド活動を始めました。

当初からかなり人気があり、1998年に『Buckcherry』と名前を変えて、ファーストアルバムをリリースしました。

最近来日をしていた『KISS』のオープニングアクトやエアロスミスのオープニングアクトも務めるなど、注目され、ファーストアルバムも世界的に売れ、順調な滑り出しで、グラミー賞のノミネートもされていました。

ですが、セカンドアルバムをリリース後、ツアー中にベースのJBの脱退が公表され、その後もギターのYogiの脱退、ドラムのDevonの脱退とメンバーの脱退が止まらず、2002年にはボーカルのジョシュアが脱退した事で、Buckcherryは解散となりました。

ですが、2005年にジョシュア・トッドとキース・ネルソンにより、再結成され、新しいメンバーも加入し、毎年日本で夏に開催されているサマーソニックにも参加し、またグラミー賞にノミネートされるほど、注目を集めてきました。

そんなBuckcherry(バックチェリー)のボーカル ジョシュア・トッド(Josh Todd)のタトゥーを紹介します。

Buckcherry ジョシュア・トッドの全身のタトゥー 1

全身に沢山のタトゥーが入っており、カラーなのでとても派手に見えます。

右胸に虎、その下に鯉、左胸にLAの文字、その下に女性の顔と薔薇の花。
お腹には『CHAOS』の文字と蜘蛛、肩にはマレーシアのボルネオ島の代表的なモチーフであるボルネオフラワーのデザインもあります。

その他、膝には蜘蛛の巣とスカル、
背中には『LOVE(愛)』、『DESIRE(欲望)』の文字と
トランプのハートのキングのデザインが大きく一面に彫られています。

見るたびにタトゥーが増えている感じですね。