RED HOT CHILI PEPPERSのメンバーのタトゥーを紹介 | TATTOO GIG | ロックミュージック

RED HOT CHILI PEPPERS(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)

Anthony Kiedis(アンソニー・キーディス)

Red Hot Chili Peppers Anthonyの背中のタトゥー
Red Hot Chili Peppers Anthonyの左腕のタトゥー
Red Hot Chili Peppers Anthonyの右腕のタトゥー
Red Hot Chili Peppers Anthonyの両腕のタトゥー
ボーカルのアンソニーのタトゥーです。

3歳の頃に両親が離婚して、11歳までを母親と過ごし、その後ドラッグ中毒で売れない俳優だった父親とロサンゼルスで過ごしたそうです。

ロサンゼルスの高校で現在のバンドメンバー達と出会い、Red Hot Chili Peppersが結成されました。

アンソニーの背中のタトゥーはカナダのハイダ族のデザインが元になっている様です。
これはオランダで『Tattoo Museum』を最近オープンさせたタトゥー界の大物タトゥーアーティストの『ハンキー・パンキー』によるデザインだそうです。

両腕は左右対称に近い感じでデザインされています。

上腕の肩に近い辺りにはネイティブ・アメリカンのポートレートが彫られ、その下には太いラインのトライバルが腕を一周しています。

肘から下にはケルトの様な、短剣の様なデザインのタトゥーが入っています。

右腕の内側にはカラーのタイガーがあり、これが初めてのカラータトゥーではないかと思います。

左側の内側にはジャパニーズスタイルでのカラーの鯉のタトゥーがあります。