SKID ROW(スキッド・ロウ)のメンバーのタトゥーを紹介 | TATTOO GIG | メタルミュージック

SKID ROW(スキッド・ロウ)

Dave "Snake" Sabo(デイブ・セイボ)

SKID ROW デイブ・セイボの上半身のタトゥー
SKID ROWのメンバーにはそれぞれ色々なタトゥーが入っているのですが、まずはオリジナルメンバーであるデイブ・セイボ(Dave "Snake" Sabo)のタトゥーです。

デイブが小さな頃から暮らしていたアメリカのニュージャージー州のパース・アンボイと言う地域では、家の前の通りにジョン・ボン・ジョヴィが住んでいて幼馴染だったそうです!
有名人を二人も輩出するとは、すごいストリートですねぇ。

デイブはボン・ジョヴィがデビューする前の初期の頃に、初代ギタリストとしても活動していたそうです。

その後、ベースのレイチェル・ボランが結成したスキッド・ロウに参加し、幼馴染のよしみでか、ボン・ジョヴィのサポートを受け、1989年にデビューし人気を集めます。

結構昔からデイブの右上腕にはタトゥーが入っていましたが、どんどん増えて、現在は結構カラフルな腕になっています。

ファーストタトゥーは24歳の時に蛇のタトゥーを入れたそうです。
SKID ROW デイブ・セイボの右上腕のファーストタトゥー

ロサンゼルスにジョン・ボン・ジョヴィと一緒にいて、タトゥーを入れたそうです。
ロサンゼルスのハイアットホテルに泊まっていて、ハイアットの目の前に「サンセット・ストリップ・タトゥー」と言うタトゥースタジオがあり、デイブはすごく二日酔いの状態だったけど、ジョンが『タトゥー入れるって言ってたじゃないか~、やろーよー』って事でタトゥーを彫ったそうです。

右上腕にコブラのタトゥーがあります。
これがファーストタトゥーの様です。
コブラの下にはインド神話の神様のような、人の顔の様なデザインが彫られています。

左上腕はブラックアンドグレーのセイクレットハートがあり、左手首にはトライバルタトゥーが手首を一周しています。
他のメンバーのタトゥーはまた次の機会に紹介します。