Five Finger Death Punch(ファイブ・フィンガー・デス・パンチ)のメンバーのタトゥーを紹介 | TATTOO GIG | メタルミュージック

Five Finger Death Punch(ファイブ・フィンガー・デス・パンチ)

Ivan L. Moody(アイヴァン・ムーディー)

Five Finger Death Punch(ファイブ・フィンガー・デス・パンチ)
ファイブ・フィンガー・デス・パンチは2005年にアメリカのロサンゼルスで結成されたヘヴィメタルバンドです。

ハンガリー出身のベースの「ゾルタン・バソリー(Zoltan Bathory)」とドラムの「ジェレミー・スペンサー(Jeremy Spencer)」によって2005年にアメリカのロサンゼルスで結成されました。
その後2006年後半にゾルタン・バソリーがボーカルの「アイヴァン・ムーディー(Ivan L. Moody)」にバンドがレコードした曲を送り、オーディションを受けないかと誘います。アイヴァン・ムーディーは住んでいたコロラド州デンバーからロサンゼルスに飛び、すぐにバンドに加わりだしました。

2006年の終わりにはデビューアルバム「The Way of the Fist」をレコードし、2007年7月にリリースされ、ビルボードにランクインします。
Korn(コーン)のライブに参加したり、バンドのツアーを行いながら、アルバムを発表しながら、どんどんと知名度を上げていきます。
2010年にはアメリカの兵士達への慰問ライブでイラクを訪れ、計10回のライブを行っています。

ファイブ・フィンガー・デス・パンチ アイヴァン・ムーディーのタトゥー 1 そんなファイブ・フィンガー・デス・パンチのボーカル、アイヴァン・ムーディーのタトゥーを紹介します。

アイヴァンには沢山のタトゥーが入っています。

左目の下には涙マークのタトゥーも入っています。
涙マークのタトゥーはギャングのシンボルと言われる事もありますが、アイヴァンはギャングメンバーと言う訳ではなく、左手の甲にある骸骨のタトゥーと涙のタトゥーはバンド「Misfits(ミスフィッツ)」にささげるタトゥーと言う説や、アイヴァンにとってとても大切な存在だったお祖母さんに捧げるタトゥーだと言う説があります。

ファイブ・フィンガー・デス・パンチ アイヴァン・ムーディーのタトゥー 2 左腕には魔王やサタンのタトゥーデザインが入っています。
もちろん天使は入っていません。

ほとんどのタトゥーはラスベガスにある「Chrome Gypsy Tattoo」で彫ってもらっているのだそうです。

首の右側には「鬼」と言う漢字の様なタトゥーもあります。

関連記事